So-net無料ブログ作成

ラクルリンとラクルリンプレミアムの違い 仕様から特徴まで徹底比較! [ラクルリン]

curl_25.png

「自動カールスタイリングヘアアイロン ラクルリン」(通称ラクルリン)は、
"ダブルスピンアイロン ラクルリン"とも呼ばれ、 最初に発売されたラクルリンです。

そして新しくなった後継機種は、「自動カールヘアアイロン ラクルリン プレミアム」
(通称ラクルリンプレミアム)
です。


この2機種の違いについて

 ただ単に古い方と新しい方と分けるのではなく、

どこが変わったのか?新しくなった機能は何か?

を洗い出してみました。

 

「ラクルリンプレミアム」は「ラクルリン」から何が変わったのか?

まず、一目見てもわかるように本体のカラーが変わりました。

持ち手の部分が、シルバー(白とも呼ばれている)から
ピンクゴールド(ピンクまたはパールピンクとも呼ばれている)
変わりましたね!


それ以外に変わった点は、一部の仕様と機能面です。
 


「ラクルリンプレミアム」はどんな機能がが新しくなったのか?


当ブログで「ラクルリン」について初めて取り上げたときにの記事で
今迄のラクルリンとプレミアムとの違いは?」でも書きましたが、
大きく変わった点はやはり、

超低温設定が可能になったこと


40℃からの超低温設定が可能になったことにより、新たな利点が生まれました。

● 低ダメージ

低温出使えるので髪へのダメージが少ない

● 安全性

低温で巻けばやけどの心配が少ない

● ゆる巻きも

幅広い温度調節でスタイリングが自由自在に


自動カールアイロンの特性上、一番心配される高温によるダメージをより強化した点だと思います。
高温による髪へのダメージの影響や、顏や頭皮への火傷に対する配慮が伺われます。
 


ラクルリンとラクルリンプレミアムの仕様と特徴(ポイント)の比較一覧

「ラクルリン」と「ラクルリンプレミアム」の仕様やポイントを一覧にしてみました。

赤字箇所が異なる点ですので、比較の参考にしてみてくださいね! 

ラクルリンとラクルリンプレミアムの仕様と特徴(ポイント)の比較一覧表
項目自動カールスタイリングヘアアイロン ラクルリン自動カールスタイリングヘアアイロン ラクルリン プレミアム
セット内容本体、専用コーム、ダッカール、専用耐熱バッグ、取扱説明書(保証書付)本体、専用コーム、ダッカール、専用耐熱バッグ、取扱説明書(保証書付)
電源:

消費電力:
AC100V~240V 50/60Hz

60W
AC100V~240V 50/60Hz

60W
サイズ約 396×36×49mm約 396×36×49mm
重量約 465g約 377g
本体材質:ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリフェニレンサルファイド樹脂(PPS)、
ABS樹脂、ポリ塩化ビニル(PVC)、シリコン、ポリカーボネート(PC)
ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリフェニレンサルファイド樹脂(PPS)、
ABS樹脂、ポリ塩化ビニル(PVC)、シリコン、ポリカーボネート(PC)
プレート材質:アルミニウムアルミニウム
コーム材質:ポリエチレンテレフタレート(PET)ポリエチレンテレフタレート(PET)
ダッカール材質:ポリエチレンテレフタレート(PET)、ステンレス鋼材(SUS403)ポリエチレンテレフタレート(PET)、ステンレス鋼材(SUS403)
専用耐熱バッグ材質フェルトフェルト
表面温度140℃~200℃まで [7段階設定]40℃~200℃まで [9段階設定]
コード長さ約 2.5m約 2m
保証1年1年
原産国韓国韓国
ポイント!● 巻き髪スタイリングを自動回転することで簡単に!

●操作もボタンを押すだけで超シンプル

●誰にでも美容師レベルの上質カールが簡単にできる

●最高温度200度のプロ仕様レベルの高スペック

●海外でも使えるフリーボルト仕様

●安全・安心の30分自動電源オフ機能搭載

●簡単に一発で巻き髪がつくれる

● 美容師並のカールができる

● 夕方までカールがくずれない

● 低温でも、しっかりカールがかかる

● やけどの心配が少ない

‐40℃~80℃の低温でもしっかり巻ける(新機能)

‐アイロンを顏に近づけないから簡単で安心


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

FX業者

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。